飲食店の現場を
知っているからこそ、
できることがある。

私たちはいわゆる
ITベンチャーではありません。

PLATFORMは、数あるキャッシュレスサービスやモール型のモバイルオーダーシステムとは、開発の経緯や理念が異なります。
私たちは「CRISP SALAD WORKS」をはじめとした飲食店を20年以上経営し、飲食の最前線で働いてきました。
PLATFORMは、そんな私たち自身が、実際に店舗の現場で感じている課題を解決したい、という思いを込めて開発した、飲食店のためのモバイルオーダー運用ソリューションです。

「フード x テクノロジー」で
飲食業をもっと楽しく。

飲食業界で働く人の多くが、そこでしか体験できない特別な魅力や楽しさを感じる一方で、生産性の低さ・人不足・働き方など構造的な課題を抱える業界の将来に希望を持てなくなっているように感じます。
そんな時だからこそ、誰かが問題を解決してくれるのを待つのではなく、飲食店の未来は自分たちで切り開いていこう。
私たちはそう考えて「フード x テクノロジー」という答えに辿り着きました。

現場ファーストの
使いやすさを。

自分たちの店舗でシステムを運用していく中で、私たちはいろいろな困難や失敗に直面してきました。それを一つひとつ乗り越えながら開発を進め、製品化したものがPLATFORMです。だからこそ、飲食の現場の状況を理解できる、私たちならではのこだわりがたくさん詰まっています。

さらに、サービスは現在進行形で進化しています。
ユーザーの方々、そしてこれからご利用いただく飲食企業の皆さまの声をもとに、柔軟にアップデート。店舗とお客様、両方にとってもっとも使いやすいサービスを一緒に目指していきます。

飲食業をおもしろくするのは、
あくまでも「人」です。

私たちは飲食業を、そこで働く人にとって、もっと楽しく魅力的なものにしていきます。実現したいのは、飲食店の成功とスタッフが今まで以上に楽しく働くことが両立できる世界です。

けれど、これは私たちだけでは叶えることができません。テクノロジーはあくまでツールであり、飲食業を本気で楽しもうとする「人の想い」が不可欠です。私たちはPLATFORMを通してその気持ちを全力で後押しし、サポートしていきます。飲食業をもっとおもしろくしていくお店のプラットフォームになるために。フード x テクノロジーの可能性を信じて、私たちの挑戦は続きます。